starlight

気付いたらSixTONESの船に乗船してた

他G担が9uarterで田口くんを好きになってしまった話

KAT-TUNの9uarterに参加させてもらって以来、田口くんの可愛い時と真剣にダンスを踊るカッコイイ時のギャップに撃ち落された。

参加したのは最終日、5月10日の公演。

春夏秋冬で可愛らしく頬杖をついてみた後、最後に手で銃を作って銃を撃つ真似をした田口くんをモニター越しに見て、それ以来彼から目が逸らせなかった。ライブが終わると同時に田口くんかっこいい、と周りのジャニヲタ友達に何度も言い続けた。

コンサート後の呟きで分かるように田口くんのことしか呟いていない。

田口くんは勿論、和装という発想自体関ジャニ∞のライブにはないので驚きの連続だった。

 

何故このタイミングでKAT-TUNを好きになったのか、自分でも分からない。

ジャニヲタになってから5年半、担当してきたのは安田くんだけ。高校の友人に赤西担の友人がいたこともあり、彼女にNMPまでのアルバムを借りていた。関ジャニ∞の次にKAT-TUNの話をしていたこともあり、大学に進学してからもKAT-TUNが出ると聞いたら音楽番組を見ることもあった。

しかし、それでもKAT-TUNにハマることはなかったのだからライブの影響と衝撃の大きさを知る。

 

KAT-TUNのライブはとにかく踊る。「何で双眼鏡持ってくるの忘れたんだ~!」と泣きたくなるくらいダンスをしている時間が長く感じた(関ジャニ∞と比べると)。関ジャニズムではMasterpieceからフローズンマルガリータまでを常に双眼鏡から安田くんロックオンで覗いていたくらいダンス曲好きには堪らないくらいダンスが多い。

また魅せる演出が上手い。初っ端から4つに分かれたムビステが1つになるという演出をやってのけるKAT-TUNの演出は変幻自在であった。出来れば早くRAYを映像化して頂きたい。あの日双眼鏡を持って行かなかったことをここまで心残りにさせているのはRAYのせいだ。

 

ライブの演出とダンス、それに田口くんという1人のメンバーを好きになってしまったことからKAT-TUNのライブDVDを見たい!と思いライブDVDを買い漁り、ライブ仕様のセットリストを作りたいがためにCDを買い漁り、CDを買い漁っていたら初回盤のメイキングや特典映像が面白いと更にCDを買い……という魔のループに陥り2週間が経った。

ライブ直後は多分すぐに熱が冷めるだろう、と思っていたけれど想像以上のものだった。最近、ツイッターでは田口くんのことしか話していない。

身を持って体験しているからこそ思うのだ。

2週間でここまで人をKAT-TUNに夢中にさせてしまう彼らのライブ、恐るべし。