starlight

I want to become your famous

ジャニーズ流エンタメを体験してみた話~JOHNNY'S Happy New Year Island~

あけましておめでとうございます。本年も細々とブログを書いていこうと思います。よろしくお願いします。

新年の現場始めは「ハピアイ」ことJOHNNY'S Happy New Year Islandから。
YJ世代のグループを担当している限り、帝国劇場には一生縁がないのだろうな、と思っていたのでまさか自分があの帝国劇場に足を運ぶことになって不思議な気分になりました。何しろ祭り前後にJr沼に落ちたので、EXも少年たちも湾岸も自担G担とSnow Man担の皆さんしかいない環境しか経験したことがなく、自分より世代が下の可愛らしい女の子たちがたくさんいる空間で浮いてしまわないか、などと若干不安な気持ちを抱えながら帝国劇場へ。

一幕を観たときに、まず思ったのは「これがジャニーズの舞台か!」。今まで帝国劇場で上演していたジャニアイのダイジェスト版と聴いて、トンチキな展開を台詞有で見てみたいなあと思っていたので少し残念だったけれど、とにかく楽曲がすごく良くてこれがジャニーズ流のエンターテインメントなんだと思うと同時に今まで観劇してこなかったのを勿体無く感じました。あと今までカッコイイ曲中心にEXでも湾岸でも踊る慎太郎くんを見てきたので、改めてアイドルなんだなあと真っ白な衣装で歌って踊る自担を観て実感しました。キラキラアイドルな一面だけではなく、マーチングやファンカッション、アクロバットなどキラキラしている裏側で努力や技術が必要そうなのが目に見えてわかって、こうやって数々の舞台をこなすことで、アイドルの原石は磨かれていくのだなあとジャニーズJrのレベルの高さに納得しました。

踊る自担を観るのがすきなので、二幕はとても楽しかったです。東山さん率いるJrたちが有名な振付師さんに新旧ジャニーズの名曲を振付してもらってそれを踊る、と内容をざっくり言葉にするとそういった内容だけれど、とにかく皆よく踊っていて、これ、公演終盤しんどいんじゃない?って思うくらい。一幕がキラキラアイドルの一面だとしたら、二幕はカッコイイ一面がたくさん詰まっていて(途中コントもあるけど)、どちらが好き?と聞かれたら選べないくらいどちらにも良さが詰まっていて。
二幕で、慎太郎くんがまさか少年たちに引き続き大舞台でアドリブという大役を頂いて、他のタレントを目当てにきた観客が大半の中、空気に臆することなく毎公演頑張っているのは本当に素晴らしいし、そういう面は本当に尊敬できるなあと思います。舞台裏で緊張した~!って思っていそうだけれど、それでも挑戦する、挑戦できるって結構すごいことだと思います。話が逸れた。

総括すると、アイドルの二面性を観ることが出来て一度で二度おいしいなと思える舞台でした。あと、自担が出ていない時間もチケット代を無駄にしたくないヲタク(貧乏性)なので、誰かしらを観ていることが多いのだけど、少年たちから引き続き深澤くんを見てリアコ!と騒いでいたり、立ち位置が隣の阿部くんを見て常に全力なところがすごいと思ったり、Monsterで中村海人くんのかっこよさに気付いたり、相変わらず萩谷くんの顔が好きだったり、皆それぞれ良さがあって、自担G以外を少クラでしか観たことがなかったので現場で観て改めて気づくことがたくさんあってすごく楽しかったです。軽率に推しが増えそうな予感しかしない。ド新規故に今まで知らなかった人たちの新たな一面を知って、それぞれの良さを理解していくことができるのがこの舞台に対して楽しい!と思う理由のひとつかもしれないです。

あと残すところ1回しか観劇に行けませんが話にあがっていないグループの人たちも観ることが出来るといいな。Monsterで観て!と言われた岩本くんを観るのが次回の目標です。もし是非ここの○○を観て!とオススメがありましたら是非教えてくれると嬉しいです。ここまでお読み頂きありがとうございました。