starlight

I want to become your famous

とりあえず迷ったら「現場に行ってみる」精神は大事だという話

2019年も順調に現場推しが増えています。あけましておめでとうございます。

 

2019年、ということでもうすぐ自分が関東のジャニーズJr.のことを知ってから、2年が経とうとしています。この2年間、たくさんの舞台やコンサートを観て、公演後にはおいしいお酒を飲んで、いろいろな人と知り合って、あ~~~ジャニーズって最高だな!って思いながら過ごしていて。

 

2年前まで、2010年からの7年間はデビュー組(その中でも関ジャニ∞KAT-TUN)が好きでした。関西ジャニーズJr.についてだけは、かろうじてメインの子たちが分かる程度。

とあるきっかけから、関東のジャニーズJr.を観るようになった結果、気付いたらどんどん現場と推しが増えました。

 

自分が好きなタレントの舞台やコンサートに行くと、自然と他のグループとも共演したりするのがジャニーズ。舞台やコンサートに出向くと、テレビや雑誌の中だけでは見ることができない一面を見ることも出来て。

やっぱりテレビや雑誌って「万人受けするところを切り取る」ことに長けているので、舞台やコンサートでは見たい演出が見られないとか、自分が好きなタレントが画面に抜かれていないとか、そういうことがあります。

自分が観たいものは舞台やコンサートに行って、実際に見るに限るなと思うようになりました。

「百聞は一見にしかず」っていうことわざもあるけれど、 実際に舞台やコンサートに行くことで、今まで全く気にならなかったタレントの公演中の表情やダンスがとても良くて、これから応援したいなって思うこともこの2年間の中で何回かありました。

  

元々野球が好きだった時も、高校野球を好きになり、高校野球で好きになった選手がプロ野球大学野球、社会人野球に進むたびにすべて追いかけてきて。その時も芋づる式に推している選手とチーム、学校が増えていきました。

あの選手が先発するから試合を観に行こう、とかあの学校が試合しているから観に行こうとか今思えば今の状況に似ているような気がします。

  

今は「野球」が「ジャニーズ」に代わったんだなあと最近思います。まだまだ諸先輩方々には恐れ多いくらいひよっこで、右も左も分からないジャニヲタだけれど、ジャニヲタの端くれくらいには9年経ってなれたのかな。

人間ってどこへいってもヲタク気質がある人間はヲタクだと思う。

 

自分のことをつらつらと書いてしまった記事ですが、「気になる舞台やコンサートには、一回行っておいたほうがいい」と全ヲタクには強く言いたいです。勿論自分にも対して。

今この人の演技がみたい、歌が聞きたい、このグループの演出するコンサートが見たいと思っている人たちに対しては、後で舞台やコンサートを観ておけば良かったと後悔しないように見守っていけらいいな~!

今年もフットワーク軽く2019年過ごして行けたらと思います。少しでもジャニーズの世界に多くの笑顔があふれる2019年になりますように!