読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試合の裏側で

野球が好きなのか好きじゃないのかどうしたいのか分からなくなってきたので(?)、この気持ちをどこかにぶつけたくて今ブログに綴っている。


野球を好きになって10年が経つ。
今でも母校が大好きで球場に通う元気なおばさまおじさまを見ていると、10年なんてたったそれくらいと思うかもしれない。

それでも長年の野球ファンに負けないレベルに、この10年間はすごく野球に対しては充実していたと思う。
高校野球から大学野球、社会人野球、そしてプロ野球に進む選手、メジャーリーグに挑戦する選手などたくさんの選手の野球人生を見守るファンを続けてきた。
全国各地、休みの日があれば野球のスケジュールを検索し、電車に乗って関東全域はもちろん、時には地方にまで遠征し、観戦試合数が年間100試合を超えた年もあった。好きな選手が中継ぎだっただけに、出るかどうかも分からない試合を観に行って、試合に出てきた時は勝手に運命を感じたりしていた。

高校生の時には春夏の甲子園は全試合テレビ観戦は欠かさなかったし、都道府県名を言われればすべての出場校を言えた。その年の試合のスコアだって覚えていた。何かと行事があれば「今日は野球の試合があるから」と誘いを断り続けた。贔屓のチームが勝った日にはクラスの別チームのファンの友達とずっと野球の話をしていた。大学は野球部が弱いところに進学したくなくて、野球部基準で選んだりした。

昨今のプロ野球人気が高まるにつれて、ドラフト候補に注目するようになり、アマチュア野球を中心に見るようになっていった。
学校卒業を機に辞める選手や、プロ野球に進んでも芽が出ない選手、またプロに指名されない現実を何度も目にし、いくら活躍していても野球の世界が甘くないことを知った。
需要と供給が見合わなければ指名されない。選手生命にはピークがある。過ぎてしまえばただの人だ。結果を残せずに去っていった中に、大好きだった高校球児もいる。
そんな現実を感じて辛いと思いながらも、その裏側では次の世代にまたドラフト候補を見つけて、自分が試合を観てきた選手たちが指名されていくことが楽しかったし嬉しかった。ジャニーズで言うデビューのような。一年に一度のドラフト会議の日は一番嬉しい日であり、一番悲しい日だ。

色々な思い出を掘り返すと、常に野球は10年もの間身近にあって、私の日常に欠かせないものになっていた。


日常に欠かせないものになっていたからこそ、「試合を観に行かなければいけない」という義務感が生まれた。

社会人になって、休みが土日しかなくなると朝早くから神宮球場に通うことが出来なくなった。
少しでも平日の疲れをとりたいという気持ちが勝ってしまい、野球を観に行こうという気持ちが生まれてこなかった。
そんな中、ドラフト候補の特集がされていると、「まだこの選手見たことない」という気持ちになり、「試合を観に行かなければいけない」という義務感に何故かなるのだ。
最初のうちは義務感から野球を観に行っていたけれど、そのうちに野球を観に行くことがつらくなった。


だから、義務感で野球をやるのをやめよう、と決めた。
辛い思いをして野球を観に行っても楽しめない。気が向いたら試合を観に行くくらいで良いじゃないかと思った。
夏の大会のスケジュールをすべて照らし合わせて高校野球の地区予選と、社会人野球の都市対抗のスケジュールを見ながら試合をはしごすることもしばらくないだろう。一眼レフのカメラのレンズの話をすることもなくなるだろう。贔屓チームの応援歌はどんどん分からなくなっていくだろう。ドラフト候補には知らない選手の名前ばかり並ぶだろう。
たぶん自分が知らない選手が増えていく現実を受け止められない時が来るかもしれない。

それでも9回裏2死から何が起こるか分からない野球の醍醐味を忘れたわけではないし、守備位置や戦術など監督の采配を考えつつみる野球はすごく楽しいから、いつかまたこの世界に戻って来るかもしれないけれど。

KAT-TUNと田口淳之介くんと私

昨年10ksに行った時に思ったことを綴って、公開せず一時保存されたままになっていたのでせっかくだから公開してみようと思います。

 

----------

KAT-TUN10周年ライブにいってきました。

このライブに行こうと決めるまで田口くんが好きな私は行くと決めるまで正直かなり悩みました。田口くんが辞めてしまったという事実を3人のKAT-TUNのステージを見て認めざるを得ないことが怖かった。

KAT-TUNを応援しようと決めてから1年にも満たない自分にとって、5/10の出来事はすごく大きな出来事でした。「来年の10周年はドームツアーをやってほしい」と強く強く思っていた。 

sejmr.hatenablog.jp

 

田口くんを好きになってから得た初任給をKAT-TUNのCD・DVDにつぎ込んで、KAT-TUNの曲を聞きながら出勤して、金曜夜には夜更かしをしてタメ旅を見て……充実した毎日でした。そうしてしばらく経ち、ベストアーティストを楽しみにして家に帰っていた私に、ジャニヲタの友人から一本の電話が入り、田口くんがKAT-TUNを辞めるということを知った。

あの日以降、田口くん脱退についてもツイッター等で特に言葉をかけることもなかったなあと思います。正直田口くんやKAT-TUNだけではなく、ジャニヲタ自体を辞めようかと悩みました。他のグループの公演を見ても田口くんがいるときのKAT-TUNをもっと見ておけばという後悔をしそうだと思った。本当に好きな人がいなくなってしまう、会えなくなってしまう。悔しくて、悲しくて、やりきれなかった。もっと早く好きになっていたら良かった。でもそんなんじゃ仕事なんてできないからジャニーズに関係ないことで忘れようとしていくうちに、いつしかジャニーズからかなり遠ざかっていました。

そんな中、

「絶対KAT-TUNが好きなら行ったほうがいい」

名古屋公演に入った職場の先輩の一言を聞いて、また行かなかったことで後悔したくなくて、田口くんがいなくなってしまった現実と向き合うために東京公演のチケットを探した。運良くチケットを譲っていただき、4/30・5/1の2公演に入ることができた。本当にありがとうございます。

 

前置きが長くなりましたが、ライブを見て今のKAT-TUNは3人であるということを少しは受け入れることができた気がします。3人になってもわたしが大好きな特効とレーザーが満載なKAT-TUNの演出は変わることはなかった。この演出はジャニーズのほかのグループには真似できない、KAT-TUNだからこそできる演出だなと思う。

----------

 

ここで一時保存されていたままになっていた。

10ksが終わってから、充電期間に入った。メンバー個人としての活動もあまり発表されない中、消化不良の毎日を送っていた。たぶんそれもあって一時保存のまま眠っていたのかなと思う。

そんな中、田口くんが9月にソロでデビューすることが発表され、もう一生姿を見る事はないんだと思っていた人が戻って来ると聞いて嬉しくて仕方なかった。周囲に全否定されても、一生会えないと思っていた自担に会える方が大事だった。もちろんソロで踊っているところも観に行った。

 

その中で違和感も感じていた。

アーティストとして生きる彼をみるたびに、ライブでキラキラした衣装を着て、ジャニヲタが大好きな無駄な装飾がたくさんついた衣装を着て踊る田口くんはもういない。

私が田口くんを好きになるきっかけとなった春夏秋冬の田口くんみたいに、女の子たちにきゃあきゃあ言われるようなかっこをつけたことはもうしないのかなあと思う度に、大好きなのに、このまま好きでいていいのかなって悩む気持ちが強くなっていって。

長身を活かして迫力があるダンスを踊りながら、KAT-TUNのお兄ちゃんたちに囲まれて嬉しそうな顔をしている田口くんが大好きだった。わたしはやっぱりアイドルの田口淳之介が大好きだったんだなあって、強く感じさせられる。そしてもう3人になってしまったKAT-TUNを見て、そこに田口くんの姿がないことが残念でしかならない。

 

KAT-TUNが大好きな人、田口くんが大好きな人、どちらとも敵に回してしまいそうだけれど、ずっと半年以上悩み続けた率直な気持ちです。

今の田口くんも嫌いではない、むしろ大好きだけれど、アイドルだった田口淳之介くんが私にとって大好きで、特別で、正直あのままジャニーズに残っていたら一番になっていたと思います。

 

なんでこんなことを急に書いたかというとメジャーデビューした田口くんを見て、自分の気持ちに区切りをつけたかったし、次の新しい世界にちゃんと気持ちを整理してから飛び込んでいこうと思ったから。

田口くん、メジャーデビューおめでとう。これからもずっと応援しています。

SixTONESという沼に落ちた話

2週間でハマってしまった新たな沼、SixTONESについて。

自分の気持ちがふわふわしていて落ち着かないから文章にしてみることにしました。

 

4月上旬某日。

以前このブログでも記事を書いているA3というソーシャルゲームのキャラクターたちについてそれぞれのイメージソングの記事を書いた。

その時に見かけた

SixTONESは秋組推しならハマる」

「すとは秋組」

というようなツイートに導かれるようにしてSixTONESのDモの動画を見た。

のがいけなかった。

 

「ここで Friday night また逢えると音でつなぐ 運命が Rock ur body」

ぱっと目を引いたのは精密に動くマリオネットのような松村北斗くんだった。

全てが完成されてる……何これ……と思いきや

「派手に揺らして 身体揺らして」

でウィンクかます北斗くんはちゃらい可愛いカッコイイ最高かよ案件だった。あんなんされたら落ちるしかないじゃん。大好きだよそういうの!!!!!!

 

そこから少クラの動画をいくつか漁ってSixTONESのすごさを知っていく。

昔から今へ未来に向かうにつれて上がっていくパフォーマンスのクオリティー。メインボーカル2人いるのは本当に強い。他の4人も歌が下手な人がいない。強い。

一番他のグループには真似できないだろうなと思ったのは、曲の最初と最後、こんなに絵になるグループある?ということ。

初見のDモのときにあの訳の分からない立ち位置(褒め言葉)から始まるパフォーマンスができるグループなんてそうそういない気がするのに、そんな曲がゴロゴロと出てくるからSixTONES恐ろしい。IN THE STORMとか最後の北斗くんのくるっと回るところが好きすぎて何度も見返してる。好き。

SixTONESこだわりにこだわり抜かれた徹底されているパフォーマンス。狂ってんな!好き!最高!

 

そんな感じで段々と沼に落ちていった。

それでもまだSixTONES沼に片足を突っ込んだ状態で踏み入れるまでにはいかなかった。

そんな時にJr沼に落ちかけている子と飲みに行く機会があった。軽率にまた担当を増やしている彼女の姿をみて安心(?)したし、私も2年経たないうちにまた担当を増やそうとしているのもいいんじゃない?と思えてきた。

飲みに行った帰り道、そんな心境でSixTONESのAmazing!!!!!!を見てしまったのが最後の決め手だったんだと思う。

安定にSixTONESのカラーをガンガンに出しながら歌って踊る彼らにお金を払いたくなった。最初からあぐら?え?ってすごくびっくりしたのにそれすらカッコイイのってなんだか狡くない?最後のシルエットだけであんなにカッコイイって思えるアイドルいる?なかなかいないよ?

生で観たい。応援したい。なんならこの子たちがデビューするまで応援したいし、デビューさせたいし、一緒に成長していきたいなと思った。東京ドームでレーザーの海の中心にいるSixTONESを想像したら、未来が楽しみでしかなかった。

 

そんなわけでまずは掛け持ちから始めてみることにしました。

2017年半年も過ぎないうちに沼に嵌りまくっていてヲタク人生とても楽しい!幸せ!

ジャニヲタがMANKAIカンパニーのイメージソングを考える~冬組編~

最後になりました。一週間も経たない間に全部の組のイメージソングについてブログ更新できると思っていなかったです、正直。

旬ジャンルということでいろいろな方々の感想もあり頑張れました。感想頂けた方はもちろん、この記事を閲覧して頂けている方に対しては感謝しかないです。ありがとうございます。

 

ということで、最後に冬組のイメージソングを紹介していきたいと思います。

※秋同様かなりメインストーリーからイメージしている部分があるので、まだ冬組読了していない方でネタバレになりそうな表現を嫌う方は要注意です。

 

月岡紬 Smile/Kis-My-Ft2*1

自分に自信があった「演劇」を否定されて、演劇を一度は辞めてしまった冬組のリーダー。

最初メインストーリーを読んだ時は自分で大丈夫なのかなという紬くんの自信のなさがとにかく伝わってきて、この歌の歌詞にある「君の笑顔でこれだけの人が笑っているのに、君は一人じゃないと気づいてほしいよ」と伝えたくなるなあと思って、この曲を選びました。頼りなさそうに見えて、人の意見に流されない芯の強さであったりとかたぶん冬組や劇団の皆は紬くんの良いところたくさん知ってると思うから慕ってくれているんだろうなと思います。

 

高遠丞 象/関ジャニ∞*2

冬組リーダーの紬くんとは正反対で、丞さんはハッキリ物を言うタイプだなあというのが第一印象。その中にも幼馴染の紬くんに対しての後悔であったりとか、過去の未練をメインストーリーで追う度に見えてきて。

過去の未練がなくなった今、「そう今でも段々僕ら強くなってく 案外どんな夢も叶えられるよ」という歌詞の通りだなと思ってこの曲を選びました。もはや二人の曲と言っても良いのかもしれない。

 

有栖川誉 楔-kusabi-/KAT-TUN*3

メインストーリーで「人の気持ちが分からない」と言っていた誉さん。

人の気持ちが分からなくて、時に行き過ぎた言い方をしてしまって他人に嫌な気持ちにさせてしまうと、悲しそうに寂しそうに話していた彼について、「愛すること愛されること演じてないで きっと描く未来止められない」という歌詞がとても誉さんを表していると思いこの曲を選びました。

 

御影密 FACE to Face/KAT-TUN*4

一番謎が多い人物だと思っています。メインストーリーを読んでも密について分かることはマシュマロ好きで寝ることが大好き!という可愛い面もありつつも、本人が記憶喪失、過去もよくわからないというところからこの曲に決めました。

「ありのまま あるがまま 背負うDestiny 叫び続けて」

冬組のメンバーの過去のエピソードの重さはなかなかですが、その中でもかなり重そうな過去を持っていそうなので今後のストーリーで明かされるのか気になる。

 

雪白東 雪白の月/KinKi Kids*5

ごめんなさい。狙ってないということを声を大にして言いたい。

東さんに合う曲を音楽プレーヤー片手に探していたら歌詞から雪白の月だなと思いました。苗字と曲名被ったのは偶然です。ちなみにジャニヲタ以外に向けて解説すると「せっぱくのつき」と読みます。「ゆきしろのつき」じゃないよ。

「さようならと言われるよりも 言う方がきっとツライ」

失恋ソングが凄く似合いそうな人だと思います。一見儚くて、明日にでも消えてしまうんじゃないかと不安にさせるような雰囲気もそうだけれど。いつも笑顔な綺麗なお兄さんだけれど、こんな曲も合うんじゃないかと思いました。

 

以上、冬組でした!

冬組全体でいくと、とにかくキンキ兄さんたちの楽曲が合う気がしています。

愛のかたまり、雨のMelody……などなど。学生組にはまだ経験が浅い!と言われそうな重い恋愛ソングがすごく合う気がする。

 

なんとかMANKAIカンパニーすべての団員のイメージソングを紹介できてほっとしています。

結果的に大分好きなグループに偏ってしまったので、是非他の方がイメージするイメージソングも聞きたいなと思っていますのでこのテーマで投稿して頂ける方がいましたら是非お使いください!

 

ここまでお付き合い有難うございました!

*1:アルバム「Kis-My-1st(2枚組アルバム)(初回生産限定盤)」収録

*2:アルバム「関ジャニズム (通常盤)」収録

*3:アルバム「楔-kusabi-(通常盤)」収録

*4:シングル「FACE to Face(通常盤)」収録

*5:シングル「SNOW! SNOW! SNOW! (通常盤)」収録

ジャニヲタがMANKAIカンパニーのイメージソングを考える~秋組編~

さて、今回は秋組編ということでこのゲームで一番私自身が推しているキャラクターがいる組なのでいつも以上に張り切っていたらこの曲も…あの曲も…となってしまい、悩みに悩みました。

そんな迷走?を重ねた秋組のイメージソングを紹介していきます。

※かなりメインストーリーからイメージしている部分があるので、まだ秋組読了していない方でネタバレになりそうな表現を嫌う方は要注意です。

 

摂津万里 フェイク/KAT-TUN*1

大抵のことはそれなりにできて、努力して一生懸命に頑張ってまで何かをしたいと思ったことがなかった万里には、この曲かなと思いました。

良く言えば要領が良くて、そんな世界で生きていた万里にとっては一生懸命に生きている人が羨ましくて、そして妬ましかったんだろうなあと本編を読んでから思っていたりします。だからこそ「偽りで飾る世界 楽しいだろう? 悲しいほど」という歌詞に万里らしさを感じてあえてこの曲を選びました。

 

兵頭十座 Keep the faith/KAT-TUN*2

夢を叶えたくていろいろなものを振り切ってMANKAIカンパニーに入った十座にはキプフェの歌詞がとてもよく当てはまる。迷わずこの曲を選びました。

「夢見て 倒れて立ち上がれ」という歌詞は、下手でもひらすらに演じることが、芝居をすることが好きな十座らしい。RealFaceも十座らしいしKAT-TUNらしいって世間で思われている曲がMANKAIカンパニーで一番似合いそうだと思っています。

 

伏見臣 フルスイング/NEWS*3

年上と思われる監督であっても頼りにしているMANKAIカンパニーの料理長、そして良きお兄さん。

そんな臣くんについて、メインストーリーで語られた過去と演劇をするきっかけは衝撃で、過去を振り返った時にこの曲を聞いてまた頑張ろうと思ってくれたらいいなと思い、フルスイングを選びました。

「二度と戻ることのない日々を憂うより 少しでも少しでも明日を願おう」

 特にこの歌詞が臣くんのイメージかなあと思います。

 

七尾太一 言ったじゃないか/関ジャニ∞*4

太一は秋組だけでなく、MANKAIカンパニーの良き弟キャラでいじられキャラだなと思っています。高校でもクラスメイトからいじられてそう。秋組のメンバーに、そして幸ちゃんに「言ったじゃないっスか~」って言ってそう。太一の元気がなくなるとみんな気になって仕方ないだろうな。そんな太一はこの曲のイメージです。

 

古市左京 Hevenly Psycho/関ジャニ∞*5

古き良き初期の関ジャニ∞のおちゃらけソングの中に隠れている名曲。ファンなら誰でも知ってるレベル。

「いつも夢に選ばれないまま 陽が登り沈んでいゆく日々 そこに僕の姿がなくても 世界は簡単に回った」

左京さんのポートレイトを見ると本当にこの曲がぴったりだなあと思う。夢を叶えることが難しくて、諦めていたけれど偶然が積み重なって……夢を叶えることが出来た一連のストーリーが重なる。左京さんにこの曲、というのは割と即決でした。

 

以上、秋組でした。

秋組とKAT-TUNはすごく似ていると思っているので、KAT-TUNが多くなるかと思いきや、そうでもなかった……。

秋組にはJackhammerとか浮世踊リビトとか、NOROSHIとか関ジャニ∞のかっこいい曲の中でもマフィアとかヤクザとかをモチーフにした映像で出てくる曲がとても似合うし衣装を着せたいなと思います。

 

ここまでお付き合い有難うございました。

次回はラスト冬組になります。次回も宜しければよろしくお願いいたします。

ジャニヲタがMANKAIカンパニーのイメージソングを考える~夏組編~

前回春組編を紹介させていただきましたが、思いの外ジャニヲタと監督を兼任している方もいるようで、反応を頂けたことに驚いています。

残り夏、秋、冬もお付き合いいただけたら幸いです。 

ということで、今回は夏組のイメージソングを考えてみました!

 

皇天馬 for now and forever/ジャニーズWEST*1

夏組だけでなく、MANKAIカンパニー唯一の芸能人で役者でもある天馬くん。メインストーリーではそれゆえ悩んだり、迷ったりして前に進んでいくわけですが、そんな彼にこの曲のイメージを持ったのは「同じ距離で輝いて 同じ夢を見て 歌を歌っていよう」というフレーズからです。夏組が大好きなリーダーだからこそ、この曲が似合うと思います。

 

瑠璃川幸 ローリング・コースター/関ジャニ∞*2

かわいいけれどかっこいい幸くん。幸くんらしいなあとすぐに思いついたのはロリコスでした。気まぐれな女の子が好きな男の子の歌。メインストーリーでかわいいところ、毒舌なところ、芯が強いところ、かっこいいところ、くるくる表情がかわってどちらかというと周りを手玉にとってそうな幸くんらしいかなとおもって選びました。

太一に対して、曲のフレーズにもあるけど「紳士ぶってウケる」って言ってそうだよね。

 

向坂椋 Happiness/嵐*3

最初は頼りない印象が正直あったけれど、夏組のメインストーリーを読む度に一番夏組の中で成長したと思った将来有望株。元々少女漫画がドラマ化されたときの主題歌であり、「走り出せ 走り出せ 明日を迎えに行こう」というフレーズが真っ先に走っていきそうな椋くんらしいなあと思って選びました。

 

斑鳩三角 ラッキィスペシャル/ジャニーズWEST*4

KAT-TUNの「TRIANGLE」とかSMAPの「Triangle」とかも考えてみたけどさんかく~!って盛り上がりそうな曲はなんだろう、と考えたときに底抜けに楽しくて耳にのこるノーテンキソングがYoutubeで流れてきたので「これだ!」と即決でした。

「笑うてりゃ福来たる 幸せはいつもスペシャル」って本当に彼そのものだと思います。

 

三好和成 チャンカパーナ/NEWS*5

最後のサビ前に「美しい恋にするよ」ってやってほしくて選んだ。

MANKAIカンパニー1トンチキNEWSソングが似合う男だと思っている(もちろん褒め言葉)。恋のABOとかチュムチュムも捨てがたいけど一番はこれ。

サビの振りを完璧にしてカラオケで歌って欲しい。

 

以上、夏組のイメージソングでした!

夏組全員では関ジャニ∞の「罪と夏」、ジャニーズWESTの「Ole Ole Carnival!!」とかとにかく盛り上がるアップテンポの夏ソングのイメージ。関西方面の明るいイメージとマッチするなあと思ってる。

 

春組の際も記載しましたが、とあるジャニヲタの一意見くらいに思って頂けたらと思います。

次回は秋組を紹介できたらと思います。閲覧ありがとうございました!

ジャニヲタがMANKAIカンパニーのイメージソングを考える~春組編~

お久しぶりに更新します。

今、A3という劇団育成ゲーム(という名の沼)にどっぷりハマっていて、A3をやるたびにどうしてもジャニヲタの血が騒いで仕方ないので、まずイメージソングから考えて見る事にしました。

 

今回は春組

佐久間咲也 サクラ咲ケ/嵐*1

MANKAIカンパニーはこの人なくして語れない、夢を追い続けた咲也くんに送りたい曲だなあと思って選ばせて頂きました。「振り向くな 後ろには明日はないから 前へ向け」というフレーズがあるのですが、つらいとき、この曲を聴いて頑張ってくれたらいいなあなんてそんな思いもこめて。

 

碓氷真澄 LOOK ON/KAT-TUN*2

真澄くんといえばこの曲しか浮かびませんでした。真澄くん推しの方には土下座しないといけないかもしれない。気を悪くした方いたら本当にごめんなさい。

真澄くん=一途といったイメージなので、「一度でも振り向くまでそばにいて守る」というフレーズがあるKAT-TUN随一のサイコストーカーソングは真澄くんだと信じて止まなかった。

 

皆木綴 BOY/関ジャニ∞*3

MANKAIカンパニーの脚本を一手に担っている綴くんだけれど、一番団員の中で等身大の大学生という感じがするのでこの曲を選びました。「空想ばかり膨らませて」「自分の言葉に嘘を探してた」苦労人だけれど、夢をひたすら追いかけ続ける綴くんをイメージして是非聴いてみてほしい曲です。

 

茅ヶ崎至 Love yourself ~君が嫌いな君が好き~/KAT-TUN*4

めっちゃくちゃ悩んだ。王子様キラキラ至さんにぴったりな曲にしようか、それともゲーマー至さんに似合う曲にしようかとも思いましたがあえてどっちつかずのこの曲で。一番「君が嫌いな君が好き」って言いそうな人かもしれない、もしかしたら「君が嫌いな君が好き」って言われそうかもしれない。そんなイメージです。

 

シトロン 感謝カンゲキ雨嵐/嵐*5

歌い出しから元気になれる。シトロンのイメージといえば周りを元気にさせてくれる持ち前の明るさかなあと思ったので嵐の応援定番ソングを選びました。シトロン、カラオケで歌ってくれたらなお良し!だと思います。というか歌ってほしい。シトロンのラップ、気になる。

 

以上、春組のイメージソングでした!

どちらかというと全員明るい曲のイメージ。全員で嵐の「Love so sweet」とか関ジャニ∞の「Clover」とか歌って踊ってほしいな~!*6

解釈違い等ももしかしたらあるかもしれませんが、とあるジャニヲタの一意見くらいに思って頂けたらと思います。

これをきっかけに宜しければ二次元の劇団員たちと三次元のアイドルにも興味を持って頂けたら嬉しいです!

 

次回は夏組のイメージソングを紹介したいと思います!閲覧ありがとうございました!

*1:シングル「サクラ咲ケ」収録

*2:アルバム「CHAIN」収録

*3:アルバム「8UPPERS(通常盤)」収録

*4:シングル「Love yourself ~君が嫌いな君が好き~」収録

*5:シングル「感謝カンゲキ雨嵐」収録

*6:本当は至さんイメージソングにしようかと一瞬思っていた